読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せてぃーずノート

Javaのイベント参加レポートとかを書いたりします。

Apache Camel+Groovyで簡単システム統合ハンズオンに行ってきた

JGGUGのハンズオンセミナーで出てきたサイトのメモ。

簡単にメモ

  • Camelとは?
     ・汎用的なシステム統合フレームワーク
     ・エンタープライズインテグレーションパターン(EIP)を実現
     ・軽量&DSL

  • 結合可能なComponentは200以上!
    TwitterからHBaseまで有名どころは大体揃ってる感じ。

  • ApacheCamelは敷居が高いので下げることがハンズオンの目標

  • EIP本がベースになっている。
    システム統合の基本は非同期でメッセージングベース。

ちなみに本はこちら。700ページオーバーらしい。

Enterprise Integration Patterns: Designing, Building, and Deploying Messaging Solutions: Gregor Hohpe, Bobby Woolf: 0785342200683: Amazon.com: Books

  • CamelはJarで提供。最近のライブラリにしては不親切かも。

  • 基本的にメッセージング。Camelが落ちたらデータは揮発しちゃう。
    データのライフサイクルは以下の2つがある。

  • SEDA→Staging Event Driven Architecture
    Camelコンテキスト内で有効

  • VMVM内で有効

資料とかリンクとか

モジュール

ハンズオンで作成したモジュール。

nobusue/camel-groovy · GitHub

スライドシェア

Gws 20140418 camel_groovy

ApacheCamel本家

Apache Camel: Index

感想

軽く触ってだけでも凄くイケてるし可能性の秘めてるライブラリだと思う。
下手にGUIやツール化していないので、ケースに合わせて柔軟に対応できる。
Groovyを利用することで、個々のComponentを綺麗につなぐことが可能になる。

惜しむらくは日本語の情報の少なさか・・・。