読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せてぃーずノート

Javaのイベント参加レポートとかを書いたりします。

JvmCasualNightへ行ってきた!

LL言語な人たちの参加がほとんどだったせいか、スーツ率5%未満という素敵な会場。
多分、数少ないJavaでアプリ作ってる側での参加者だったと思います。

SlideShareリンク

不足分は後ほど追加ということで・・・。

NorikraのJVMチューンで苦労している話

運用に効く!JVMオプション三選

Jvm operation casual talks

感想

JVMの話も面白かったのですが、違う世界を垣間見れたのが一番の収穫かも。

  • JVMを使う理由は、必要なミドルウェアを使用するためにJVMが必要だから。
    Lucene、Cassandra、HBaseとか。

  • JVMをライブラリの前提で使ってる人は、JVMの利点をあまり感じていない?
    強いて挙げられた感のある利点としては、「スレッドが軽量で実用性がある」「高負荷に耐える」「型がある言語」というところくらい?

  • プロセスに考え方がそもそも違う
    こちとらJavaメインなので、プロセスダウンしないようにチューニングしたりする。 でもLL言語の人たちにとってのプロセスは、ダメになった殺せばいいじゃんっていう考え方(だとお思う)
    帰りのエレベーターの中でも「FullGCで止まる前にプロセスを殺せないかなぁ」という話が聞けたり。
    確かにすぐに殺しちゃえっていう人からすると起動が遅いって致命的だよね・・・。

同じJVMに関わる立場でも、異なる視点や使い方の人の考えや意見を聞けたのはとてもいい経験に慣れたと思います。